ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< D.H.Y./Quinka,with a Yawnアルバム発売記念イベント | main | 2009/7/30 木曜日 ミニアルバム "[Su]" 発売記念ワンマンライブ >>
2009.06.23 Tuesday

NEW MINI ALBUM [Su]

2009/6/24 on sale!
Quinka,with a Yawn NEW MINI ALBUM


[Su]




ONpUqUIN RECORDS
ONPQ-1001 / 1,800yen(tax in)

※ヴィレッジヴァンガード全店にて、5/20より先行発売!

※myspaceにて全曲視聴開始→myspace/Quinka,with a Yawn

●AMAZON.JP
●HMV
●diskunion
●TOWER RECORDS
●玉光堂


※7/30 ワンマンライブ決定!
Suとは、巣。
これまでも野外レコーディングや、エコライブへの取り組みなど公私ともにオーガニックな世界を追究しているQuinka,with a Yawn。最新作は、テーマは変わらずさらに自分の内面を見つめたかのようなミニアルバム。新曲3曲と既発曲「ハルニレ」を含む4曲を加えた7曲を伊豆の別荘地にてホームレコーディングという形でコンパクトにまとめた作品。リラックスした空間で録音された温度感は聴き手の心を優しくゆらし、ほぐしてゆきます。
特徴的なボーカルとピアノの他に、得意のトイピアノやアンデス25、そしてアイルランド的な多重コーラスを中心としたサウンド。新曲であり一曲目の"蜜蜂のささやき"は、vashti bunyanのような優しいメロディがキンカ流サイケデリックに展開していくポップソングの真骨頂。
小さな[Su]=巣で紡ぎあげた、やさしい音をゆっくりと感じて欲しい一枚!


[Su]
1.蜜蜂のささやき
2.Rum Cherry Coke
3.Story
4.つぶ
5.Harunire
6.Fluffy
7.Bonus Truck:JO-NO(tsubame mix)

心の中にある思い出は、いつか真実と少しずつずれていくような気がします。捨てるのも美化するのも自分次第なんだけれど、確実に大人になっていく自分をきちんと見つめるのはきっと部屋の中。いつもと変わらないなんにもない暮しがあるだけなんだけれど、そこには自分のすべてがある。アコースティックでちょっとミニマルでヘンテコなキンカの世界を散りばめた新作になりました。

spin to the outside.....
キンカの新しい音は、巣の中で。そして内から外へと向かっていきます。

Credit:
Bass:Masashi Kamada(コノオト)
AcousticGuitar and ElectricGuitar:Daisuke Futaki(トルネード竜巻)
Drums:Teruhito Suzuki(コノオト)
Trumpet:Tatsuo Yamaguchi
Engineered by Yui Kimijima and Toshiaki Sudoh(tsubame studio)
Recorded at juno studio / tsubame studio

CoverPhotograph:Daisuke Futaki
Design:Shinichiro Kitai(DEVILROBOTS)
A&R:BananaMusicPublishing




Powered by
30days Album